2013年05月15日

イチ君ったくさんの想い出をありがとう

0508a.jpg



突然のご報告となってしまい、ごめんなさい。

我が家の長男イチロー兄さんが、
先週の8日、早朝に虹の橋を渡っていってしまいました。
亡くなる三日前には、17歳のお誕生日を迎えたばかりでした。

数か月前。
後脚にできた悪性腫瘍。
肺への転移もあり、余命宣告をうけていました。
ので、ある程度覚悟はしていました。


とはいえ、しんどそうにしていたのは、
亡くなる2週間前ぐらいからかな。
それまでは、少し食が細くなりましたが、
以前と変わらず、のんびりと普通に暮らしていました。


しんどそうにしはじめ、食欲がおちてきたので、
数日に一度点滴治療をしてもらったりしていましたが、
お誕生日には大好きなカツオのおやつを
うみゃいうみゃいと食べ、
ゴロゴロと喉を鳴らし、とっても嬉しそうにしていました。


それからほんの3日しかたたないのに・・・・。
8日の朝は、明け方から辛そうにウロウロとしていました。
もうお水も飲めない状態でした。
自分の定位置のベッドに寝かせると、
そのまま静かに息をひきとりました。


17歳と3日・・・。
よく頑張ってくれたと思います。

たくさんの想い出があります。
17年間だからねっありすぎるぐらい。

晩年は、怪獣(ねねひな)2匹の相手で大変だったと思いますが、
優しいこだったから、
上手に相手してあげてくれていました。

元々先代のトイプードル風子と茶子に育てられたイチロー。
なので、犬好きな猫というかわった性分でした。
初恋の子は、小さなヨークシャテリアちゃんだったね。
家に遊びにきたワンコ達ともまったく普通にしていて、
人気者でした。


以前アニマルコミュニケーションで、
たまに、なでてもらえば僕は全然OK〜
あとは満足しているからっと言ってたよねっ。


今は小さな小さな壺に収まっているイチロー。
これからも、なでなでしてあげるからねっ


たくさんの楽しい想い出をありがとうっ♪
大好きだよっ!!!ずっとっ!!!!


・・・ひとり言・・・

空の上には、大好きだった風子と茶子がいるし、
初恋の相手だった可愛い子もいるしねっ。
イチ君が寂しい事はないだろうと、そう思えるから〜〜
寂しいけれど、不思議と落ち着いて受け止めています。
正直まだ実感がないのかもしれないな〜

そうそう・・・
荼毘した翌日、車のボンネットに猫が横切ったのであろう
足跡がくっきりと。。。。。。
「イチ君っ?!」まさかねっ・・・と、思いつつ
青い空を見上げちゃいました。
綺麗にふきとっちゃったけど・・・今思うと、
お写真とっておけば良かったかなっ
なんてねっ。



*****ichiro collection*****


0508b.jpg
被り物全然OK♪


0508c.jpg
猫パンチは決して爪をださないジェントルマン♪
☆このちっこいのは、ねねさんです。


0508d.jpg
なんだかんだでも、仲良しだった兄と妹たち



0508e.jpg
ずっと、見守っててねっ♪イチロー兄さんっ!!

ニックネーム まーみ at 21:09| Comment(8) | family | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする